2011.3.25

3月25 , 2011

この度の東北地方太平洋沖地震により
被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。

震災の影響で、X100展もやむを得ずギャラリーの休館や
開館時間の短縮を余儀なくされました。
もし、知らずに足をお運び頂いた方がいらっしゃいましたら
私からもお詫び申し上げます。

このような時に告知で恐縮ですが、
先日お知らせしましたBSジャパンの番組の詳細が
制作サイドより届きましたので、転載致します。

********************************

キヤノンプレミアムアーカイブス
「写真家たちの日本紀行」
~未来に残したい情景~

写真家ならではの視点から、日本の「今」を圧倒的な映像と
写真で切り取る「旅」。毎回、日本を代表する写真家が旅人となり、
「未来に残したい」心にしみいる情景をお送りします。
4月2日、9日の放送は松本出身の写真家・白鳥真太郎さんの
松本紀行をお送りします。

放送局:BSジャパン
放送時間:毎週土曜日19:30~20:00
     再放送は翌週土曜日14:00~14:30

(2011年4月2日放送)
写真家・白鳥 真太郎 「長野県松本 僕を育てた故郷の町」
今回の放送は写真家・白鳥真太郎さん。日本広告写真家協会会長。
1980年代〜90年代に発表した広告写真で注目を集め、以来、時代に
左右されない普遍的な撮影センスで数多くの賞を受賞するなど、
常に広告写真の第一線で活躍しています。
また、岡本太郎や渡辺謙、吉永小百合といった数多くの著名人を
写した作品も数多く発表。そんな白鳥さんが今回訪れたのは長野県松本市。
実は松本は白鳥さんが高校時代までを過ごした故郷の町。
懐かしい町を歩き、松本に暮らす人々の素顔を切り取ります。
伝統の松本押絵雛を作る老夫婦やバイオリン製作者、
懐かしのプラモデル店のご主人・・・。実は、白鳥さんは松本の町で
100年以上歴史を刻んできた「白鳥写真館」の4代目。
現在は店を閉めているこの写真館で、今回どうしてもやりたかったことが
ありました。それは1日限定の写真館復活。曽祖父の時代から使われていた
部屋に照明を組み、町の人々のポートレイトを撮ろうというのです。
訪れたのは・・・高校時代をともに過ごした同級生たち。
それぞれが地元に根を張り今も暮らしているといいます。
魅力いっぱいの人々を白鳥さんはどのように切り取るのでしょうか。
4月9日は、「松本城のまだ見ぬ顔を探して(仮)」をお送りします。

********************************







2011.3.11

3月11 , 2011

クライストチャーチで直下型のマグニチュード6.3の
地震が発生したのは2月22日の事でした。
私が帰国したのが1月27日。
運が良かったと喜んでくれる人達も居ますが、
未だに行方が不明な方や、亡くなった方達を思うと心が痛みます。

3月18日に追悼式が行われるとの事。
不明者と死者の合計が240人にものぼるそうで、
心から皆様のご冥福をお祈り致します。
またご遺族には、誠に御愁傷様です。
皆様が安らかにお眠り下さる様に。
今はそれしか言葉が出て来ません。

最後に、告知です。
本日3月11日(金)から23日(水)まで、
東京ミッドタウン ウエスト1Fのフジフイルム スクエアで
「Fine Pix X100展〜先鋭なる原点〜」が開催されます。
他の6名の写真家の作品と共に、
「DNA」をテーマにした私の作品2点を展示致します。
http://fujifilmsquare.jp/detail/11031101.html

更に、4月2日(土)と9日(土)の7:30pm〜8:00pm
BSジャパン「写真家たちの日本紀行〜未来に残したい情景〜」に
出演致します。
http://www.bs-j.co.jp/shashinka/

お時間がありましたらご覧になって下さい。
ちなみにBSジャパンの番組は、
翌週土曜日の2:00pm〜2:30pmに再放送される予定です。