2011.9.9

9月9 , 2011

先週、久し振りに写真の学校での講義を依頼され
照れくさい気もしながらも、行って来ました。

話だけでは20歳前後の生徒達は保たないと思い
スライドショーを交えての2時間20分、
休憩10分の講義でした。
皆真面目に聴講していて、メモを取ったりしていました。
1人だけ後ろの席で寝ている生徒が居ましたけどね(笑)

終わってから、100人程の生徒達からの感想文を貰いました。
数人居たアジア系や欧米系の生徒も流暢な日本語で書いていて、
『凄く優秀なカメラマンだと思います』とのダイレクトな
コメントがあり、これには苦笑いしてしまいました。
他にも沢山のポジティブなコメントが寄せられ、
これからカメラマンを目指す彼等の励みになれた様で
嬉しく思いました。

広告の作品には雑誌の様にクレジットが付かないので
『白鳥作品とは知らずに見ていた』とのコメントが多く
『これまでは広告写真に興味が持てなかったが、
今回の講義を聴いて考えが変わった』とのコメントがあり、
やって良かったと思える講義でした。